年度まとめおよび表彰式

十年沈殿 百年発展——愛康グループ2015年度まとめおよび表彰式が開催されました
     1月22日、江陰市華西龍希大酒店内で楽しく歌い談笑し、とてもにぎやかで、「十年沈殿 百年発展」をテーマとした愛康グループ2015年度まとめおよび表彰式がここで盛大に開催されました。愛康グループの管理人員・顧客および供給者1千数人は集まり、共に収穫する喜びを分かち合い、未来の光り輝きに夢をはせました。
    年次例会の開場に、蘇州管理センター副総裁張喜冬は2015年度の愛康グループの各業務を振り返り、2016年度の業務目標・任務を出しました。張喜冬は、「2015を振り返り、愛康グループの発展がきわめて偉くすばらしいでした。グループの経営業績が穏健に増加し、百億近くの営業収入を実現し、2014年と比べて大きく増加しました。会社業務のモデルチェンジが着実に推進され、伝統的製造と発電所業務から金融業務へのモデルチェンジ・新エネルギーと新金融の結び付けへの初歩的な探求を実現しました。グループの管理最適化が持続的に深く掘り下げ、全面的にグループの投資政策決定体系を整理し、エンジニアリング会社ERPシステムがオンラインし、エネルギー工事の第1回の私募などを完成しました。次の10年の起点前に立ち、真剣に経験と不足をまとめ、「顧客を第一にし、持続的に革新し、変化を抱き抱え、貢献者を基本にする」という価値観を堅持し、「静かな10年」という発展方針を貫徹し、政治思想理論研究会の「静かな10年」という発展戦略を断固として貫徹して穏健な経営・着実な発展という経営原則を堅持してしっかりとインターネット+金融という発展構想をめぐるこの3つの方面から千億目標を実現して百年愛康をつくるために頑丈な基礎を築きます。」と言いました。
    その後、愛康グループ董事長・総裁鄒承慧は『十年沈殿 百年発展』をテーマとした演説を発表しました。鄒承慧は、「2016年の到来は愛康が1つの新しい10年に入るのを意味し、この年が愛康の歴史上で過去を受けて未来を開いて将来の発展に道を開く1年であるも運命づけられます。過去の10年間に、愛康は業界と資本市場の洗礼をしばしば経験し、しっかりと太陽光発電産業をめぐり、資産が最初の20万から今の200億近くに達し、売上高が最初の百万から今の百億近くに達し、人員が最初の13人から5000数名の国内外にいる職員に発展し、製品構造が単一の太陽光発電アルミニウム製品から製造・工事・開発維持管理と金融・現代物流を含む綜合性グループに発展します。次の10年、愛康は発展の勢いを維持し、引き続き突然新たに現れ、必ず「静かな力」という鋭利な武器に助けを借り、次の10年間の蓄積を利用してある瞬間に一気に発揮して表現し、千億規模の目標を実現します。」と言いました。静かさが力であることについて、鄒承慧は「一つは「一歩一歩着実に進めて転じて丹念に作業や事業を展開する」ことで、企業の長い発展には内外から向上するのが必要で、業務全体の規模と収入の穏健な増加を維持するともに、心が沈んですべての業務を深く精密にし、慎重で実務に励む精神で愛康の核心競争力を高めます。二つは「流れに逆らってはできなく、持続的に革新する」ことで、愛康は時代の変化を抱擁し、3Dプリント・工業4.0・エネルギーインターネットなどのニューコンセプトについて、必ずはやく愛康の上級管理職が投資方策・業務計画をする時の討論議案にならなければなりません。三つは「多く勉強して慎重に使用し、蓄積してある瞬間に一気に発揮して表現する」ことで、初歩的に愛康の経営哲学を作り上げ、機制・人材と文化の体系を合理化してだんだん堅固にします。」と説明しました。鄒承慧は「この静かな10年間に、すべての愛康人は心理状態を転換し、ゼロから出発し、改めて創業者の心理状態で考えて働くことができます。思い切って変化を抱擁して時代とともに進み、会社発展の足並みを締め、急速に仕事構想を調整します。仕事が積極的で能動的で、個人の努力で価値を貢献します。自粛自律し、価値を作り直し、思想認識を統一し、行動を一致させます。次の静かな10年の開始時、壮大な姿・10年の風采で愛康の千億夢想の成果を見張り、愛康のすばらしい明日を創造して証明します。」と希望しました。
    その後、開始舞い『鼓舞』は雄壮で力強くたくましい鼓声で年次例会の文芸公演の幕を開けました。ファッションショー・コント・伝統的な演劇などの職員自分で編集・出演をしたすばらしいプログラムは次々と舞台に立ちました。舞踊『花が盛んな時代に咲く』の精巧で美しい全体効果は、人に強烈な視覚衝撃を与えました。バイオリン演奏『美しい神話』の優美で感動させるメロディーにより、現場の観衆は深くその中に浸り、まるで美しい幻想的な境地に入りました。合唱『自由にふるまう生命』の感化力が大きいメロディーにより、観衆が心に夢を抱ければ一生懸命に努力するというすばらしい追求に入り、深い情をいっぱいある歌により現場の観衆が感染を深く受け、現場で拍手しました。心をこめて編成した一つ一つのプログラムはみんなにすばらしく盛大な宴会を呈し、現場の拍手の音・喜び笑う声がずっと続いていました。同時に、舞台上下のインタラクティブのために、今回の年次例会には「最も好きな年次例会のプログラム」と「最も美しい年次例会写真」の選出活動を行い、職員の参与する情熱を十分に引き出しました。
     年次例会現場での新疆奇台発電所・河南南召発電所、南通金属などからの団体祝賀ビデオの放送は深く現場のすべての観衆を動かしました。平凡な言葉、深い情の祝福により、愛康に対する心からの祝意およびに愛康と共に成長する願いを含みました。現場福引は年次例会を高潮に推し進め、それぞれの賞が次々と公表され、現場観衆の拍手の音と歓呼の声がずっと会場上で漂っていました。
    最後、愛康の歌の歌声に伴い、会社指導者とすべての公演関係者が一緒に写真を撮って記念に残し、愛康グループ2015年度まとめおよび表彰式は首尾よく終わりました。