愛康の星の選出


グループ年度愛康の星新疆歓送会が盛大に開催されました
    2015年7月18日、愛康グループ2014年度愛康の星旅行歓送会はグループ202リポートホールで盛大に開催され、各社の代表者が集まり、共に18人の愛康の星に新疆の誉れの旅に足を踏み入れるように歓送しました。蘇州管理センター副総裁張喜冬とグループ情報センター総経理楊久龍は今回の会議に出席して重要演説を発表しました。
    これは夢・誉れ・愛康大愛を満たした歓送会でした。  
    歓送会において、蘇州管理センター副総裁張喜冬は歓送挨拶を述べ、彼は「すべての愛康人の会社への努力に感謝し、みんなが年度愛康の星を模範にしてさらに努力を重ねてもっと良い成績を得るのを望みます」と言いました。旅行中の注意事項を強調し、みんなが今回の旅行に楽しく遊びのをお祈りします。グループ情報センター総経理楊久龍は間もなく旅行する愛康の星のみんなに熱烈な祝賀の意を表し、この栄誉がみんなの2014年の各自の持ち場でのたゆまぬ努力による優秀な成績だと表し、みんなが今後の仕事中でさらに努力を重ねるのを望みます。楊総経理はみんなに愛康の星を模範にし、自分の奮闘と努力によって2015年にこの特別の光栄を得ることができるように激励しました。
    その後、南通愛康からの万暁春は「年度愛康の星」代表者として発言しました。彼は「2014年度の愛康の星の栄誉を獲得できるのがとてもうれしく、内心がこの上なく興奮し、会社の指導者と同僚の信用・支持と励ましに感謝し、自分が人生の青年期に愛康に参加して奮闘する雰囲気に身を置くことができましたので喜びました。今後の仕事中に引き続きこの感謝の気持ちを持って行動し、できるだけ努力し、組織の発展に自分の力に貢献します。」と言いました
    最後、指導者は受賞された職員に旅行奨励を授与して会場で一緒に写真を撮りました。その場にいたすべての職員は、必ず会社の足並みに従い、絶えず自らの成長を強化し、貢献を本にし、奮闘を栄にし、共に愛康のよりすばらしい明日のために努力すると感じました。