バスケットボール交歓試合

  「韻律愛康」2015バスケットボール交歓試合が順調に閉幕しました
    豊富な会社の企業文化、職員のアマチュア生活を豊富にし、各社間・各部門間のチーム意識を強め、集団栄誉感と互いの協力と交流を高めるために、総裁弁公室は9月に「韻律愛康」2015バスケットボール交歓試合を開催しました。最初の段階での申し込みにより、江陰金属チーム・蘇州金属チーム・薄膜新材料チーム・愛康太陽光発電チーム・実業中康チームおよびエネルギー工事チームの6チームが今回のバスケットボール試合に参加しました。9月14日、バスケットボール試合開幕式がグループバスケットコートで開催され、愛康グループ総裁弁公室主任官彦萍は出席して挨拶しました。
    半月、3つの段階、10回の激しい試合を経て、9月28日の決勝戦は今回の活動のために完璧ですばらしい句点をかきました。「韻律愛康」2015バスケットボール交歓試合の第1位・第2位・第3位も最後に選出されました。愛康グループ副総裁袁源は今回のイベントの授賞賓客を担当しました。受賞チームは、第3位エネルギー工事チーム、第2位江陰金属チーム、第1位愛康太陽光発電チームでした。
    今回のバスケットボール交歓試合は職員のアマチュア文体生活を豊かにするだけではなく、更に広大な職員のスポーツへの情熱と自信を燃え上がり、スポーツを愛する職員に運動激情を燃やさせました。愛康はずっと職員の綜合素質の育成を重視し、今回のイベントが企業文化精神を徹底させ、職員の間の友情を増進し、団結協力の精神を育成しました。試合は予想された効果に達し、バスケットボールの独特な魅力に頼って現代の愛康人の意気揚々としている青春の息吹を展示しました。