愛康グループは中国エネルギーインターネット特別貢献賞を獲得しました
9月21日に「エネルギーを牽引してインターネットを推進する」をテーマにした2016第1回中国エネルギーインターネット指導者フォーラムおよび2016中国エネルギー年度人物エネルギーインターネットでの最も影響力を持つ企業の授賞式は北京で開催しました。
 
(図|人民日報社副社長張建星の挨拶)
政府官吏・専門家学者・企業巨頭200人が集まって共に発展を図りました。
今回のフォーラムは中国エネルギー新聞社が主催し、更に業界のエネルギーインターネットに対する認知を強化し、発展の難題を解決し、業界の良く速い発展を推進するのを目指しました。人民日報社副社長張建星、国家エネルギー局電力安全監管司司長童光毅、中国科学院院士周孝信、中国科学院院士韓英鐸、国務院研究室司長唐元、国家エネルギー局中国エネルギーインターネット戦略研究課題チーム首席科学者慈松、ロシアエネルギー金融研究院執行院長Alexey Gromovおよび業界での多い企業代表者は今回のフォーラムに出席しました。
愛康グループは今回の会議に重要な賞を獲得しました
国家政策の支持のもとで、エネルギーインターネット発展過程中に活力と創造精神に富む企業は大量に出現します。業界内で革新して実践するキャリヤーとして、エネルギー企業はエネルギーインターネット実施を推進する道で懸命に向上心を持ち、絶えず前に行きます。会議期間に政府機構・業界協会・基準制定機関・大学高等専門学校・メディアなどの百人近くの権威のある専門家が審議する投票したエネルギーインターネット最も影響力を持つ企業・エネルギーインターネット特別貢献賞・エネルギーインターネット科学技術革新賞・エネルギーインターネット新鋭企業およびエネルギーインターネットは低炭素外出共有企業の5つの賞を授与し、愛康グループは「エネルギー+インターネット+金融」という革新的で戦略的な位置づけに頼り、中国エネルギーインターネット特別貢献賞を獲得しました。
 
(図|現場授賞式)
 
(図|エネルギーインターネット特別貢献賞)
愛康グループは知能緑色エネルギー生態システムをつくり、社会の持続可能な発展に貢献します。
2015年、愛康は「エネルギー+インターネット+金融」に注目する第3回重大な戦略的モデルチェンジをスタートさせました。2016年、正式にエネルギーインターネット時代の開始を出しました。愛康はエネルギーインターネットをめぐり、エネルギーの生産・消費の方法の変革を推進し、インターネット・ビッグデータと普恵新金融サービスを運用し、エネルギー生産端とエネルギー消費端を貫通させ、社会・企業とエンドユーザーに革新的な新エネルギーソリューションを提供します。