インタネットインターネットセミナーおよび愛康10周年祝典は盛大に開催されました

愛康はエネルギーインターネットの発展の道を配置します。

——2016太陽光発電+エネルギーインターネットセミナーおよび愛康10周年祝典は盛大に開催されました。

太陽光発電とエネルギーインターネットの融合と革新発展を推進するために、8月27日,愛康グループ創立10周年の時、 2016太陽光発電+エネルギーインターネットセミナーおよび愛康10周年祝典は張家港市で盛大に開催されました。

太陽光発電+エネルギーインターネットセミナーは全国商工業連合会新エネルギー商会が主催し、愛康グループが運営し、国家発改委国際エネルギー所などの機関からの支持を得ました。関係部委指導者・科学研究機関・業界協会・専門家学者は集まり、建言・献策をし、共に太陽光発電とエネルギーインターネットの深い結合と多元化の発展を推進しました。愛康グループはエネルギーインターネットの新しい「風口」方案を配置し、業界専門家がその革新して作った「エネルギー+インターネット+金融」の新しいモードに「いいね」を押しました。

運営者として、愛康グループは中国の新エネルギー業界の先導企業の一つです。10年来、愛康グループは構造の単一な太陽光発電アルミ製品部品会社からA株中の初めの太陽光発電部品上場企業に発展し、太陽光発電部品メーカーから太陽光発電所総合キャリアにモデルチェンジし、今のところ発電所運営からエネルギー総合プロバイダーへの戦略的モデルチェンジを実施しています。

今年に入ってから、愛康グループは「風向き」に従って行き、正式に「エネルギーインターネット時代」の開始を出しました。愛康グループ董事長鄒承慧は、「愛康グループのエネルギーインターネット配置は「エネルギー生産」と「エネルギー消費」に同時に推し進め、インテリジェント化管理プラットフォームとインターネット金融決算業務で「エネルギー生産」と「エネルギー消費」を接続します。」

鄒承慧は、「新モード下の重点投資領域はエネルギーサービスと金融サービスです。エネルギーサービスが太陽光発電製品製造、太陽光発電所ソリューション、充電ポスト、新エネルギー自動車、エネルギー貯蔵システムと売電業務などを含みます。同時に、愛康グループは上海金控管理センターを設立し、各金融部分を貫通させるのに力を尽くし、産業チェーンにおけるコスト最低化を実現します。」と説明しました。

「愛康グループの戦略的計画は展望性があります。」セミナーにおいて、全国商工業連合会エネルギー商会専門副会長兼事務総長曾少軍は、「地面発電所が建設完了後に、分散性の特徴が更に強くなり、太陽光発電全体の今後の建設・運営・サービスと収益全体の向上などの問題について、愛康グループのエネルギーインターネットはとても良いソリューションで、それは業界の発展方向を代表します。」と言いました。

その夜、愛康グループは張家港体育中心で10周年祝典交歓会を開催しました。劉若英・郭峰などの実力者の芸人は現場で愛康に歌って祝福を送りました。愛康の職員も心をこめてすばらしいプログラムを準備し、共に会社創立10周年を祝賀しました。それ以外に、愛康10周年祝典交歓会において、特に専門の愛康公益基金を設立しました。愛康グループの高速発展の軌道に大股で前進した同時に、これまでと少しも変わらず社会公益事業においてより多い企業の力を貢献します。