愛康科技:10億元以上を投資して3つの太陽光発電所を建設するのを予定します
7月6日、愛康科技は、公告が好きで、愛康科技の子会社である蘇州中康電力が大安10MW・利源50MW・五家渠50MWの太陽光発電所を投資するのを予定し、設備容量が合計110MWで、3つの発電所プロジェクトの年平均電気代収入が合計1.44億だと予想し、会社の電力業務の拡張と実現の発電所の年度維持管理目標の実現に役立ち、更に業界内の地位を高めるのに有利であると公告しました。

愛康は国内一流の太陽光発電所運営業者で、新エネルギー発電分野で強大な実力を持ち、愛康は太陽光発電所を基本的な資産として第3者維持管理・等級評定・品質検査・炭素取引などの発電所後期市場プラットフォームを積極的に建設しています。

未来、愛康は更に自分で開発した高効率小規模システムを利用し、すべての個体を「自分エネルギー」の発電主体になさせ、「微電力網」を利用し、分散した「自分エネルギー」の発電主体を接続し、伝統的エネルギーの集中化の発・輸・配・送方法を変え、エネルギー生産端末での偉大な変革を引き起こします。