第10期新エネルギートップフォーラムで知らない愛康に関することについて
4月20―21日、第10期新エネルギー国際トップフォーラムは北京国家会議センターで盛大に開会しました。今回のフォーラムは「10年間の輝かしさを祝い、革新・成長を議論する」のをテーマとし、国内外からの政府官吏・専門家学者・企業巨頭が集まって共に中国と世界の新エネルギー産業の発展を研究討論しました。
聞くところによると、中国が『再生可能エネルギー法』を公布してから、10年を経て、「中国新エネルギー国際トップフォーラム」はすでに国内外において広範な影響力のある新エネルギー分野の総合的年度盛会になり、新エネルギー理念を広め、新エネルギー技術を広め、新エネルギー政策を宣伝し、中国と世界の新エネルギー産業の協力を促進するハイエンドのプラットフォームです。
今、フォーラムにおいて愛康についてのことを話します。

愛康グループ総裁鄒承慧は「中華新エネルギー10年有名人賞」の特別の光栄を獲得しました
1回1回の選出により、愛康グループ董事局主席・総裁である鄒承慧は「中華新エネルギー10年有名人賞」この特別の光栄を獲得し、10年来中国の新エネルギー分野での際立っている貢献を顕彰しました。
新エネルギー業の発展過程において、鄒承慧は将来を見通す戦略視野に頼り、愛康グループを率いて一歩一歩成功した穏健な戦略的変化を実現させ、迅速に成長して中国の新エネルギー産業の大手企業になります。2016年、愛康グループは新エネルギー業の新しいチャンスを発見し、真っ先にエネルギーインターネット時代を開き、新エネルギーの発電能力を強化し、エネルギー売電市場を深く掘り下げて開拓し、新エネルギー業におけるリーダーシップ的地位と優勢性を持続的に拡大し、最も信頼できる国際クリーンエネルギー全体計画のソリューションプロバイダーと中国新金融領域における総合的サービス提供企業になりました。


 
(図|愛康董事局主席・総裁である鄒承慧の獲得した「中華新エネルギー10年有名人賞」)

愛康グループ蘇州管理センター副総裁張喜冬は太陽光発電指導者フォーラム対話に参加しました
「産業の進歩と革新」をテーマとした指導者フォーラム太陽光発電対話部分において、愛康グループ蘇州管理センター副総裁張喜冬はみんなに愛康の発電所設計・投資・開発・建設・維持管理実力とビッグデータ業務を紹介しました。愛康グループが絶えず革新・応用を実現することは太陽光発電製品で体現されるだけでなく、産業チェーン全体の革新・応用に対する理解で体現され、愛康が行くのは産業と金融を結び付ける道で、太陽光発電業界において最も金融を得意とし、金融業界において最も太陽光発電をわかる企業になるのを示しました。
なお、張喜冬は未来の商業モードの革新、どのように太陽光発電製品に社会大衆の1人1人が使える安く清潔な再生可能エネルギーになさせるのは業界関係者の共に努力する目標であるのを示しました。

 
(図|愛康グループ蘇州管理センター副総裁張喜冬は太陽光発電指導者フォーラム対話に参加しました)

愛康評級会社総経理劉雲清は「エネルギーのビッグデータを種まきする」テーマ講演を発表しました。
フォーラムの特定テーマ講演部分において、愛康上海管理センター評級会社総経理劉雲清博士は「エネルギーのビッグデータを種まきし、愛康太陽光発電所のリスク評定」をテーマとした講演を発表し、エネルギーのビッグデータの新エネルギー発展における実際応用および愛康評級の際立っている優位、即ち精確な検査測定技術・豊富なEPC経験・熟している発電所維持管理チームと専門の信用格付けチームを紹介しました。
 
(図|愛康評級会社総経理劉雲清博士は講演しました)