企業の核心価値観を実践して革新思惟能力を高める――愛康江陰拠点における「持続的に革新し、変化を抱擁する」企業文化実践活動
全従業員に「持続的に革新し、変化を抱擁する」という企業の核心価値観への理解を強化させ、有効な革新の推進方法を体験して感銘させ、自分の1つ1つの言動を改めて考えさせ、革新能力を高めさせるために、グループ企業文化建設の進捗と手配に基づき、4月16日―17日、愛康江陰拠点は常熟国防園で「持続的に革新し、変化を抱擁する」をテーマとした企業文化実践活動を展開しました。
活動の1日目に、愛康グループは企業革新に対して非常に優れている見解と成果を持ち、長年企業革新業務研修経験を持っている劉建平先生を招待し、「持続的に革新し、変化を抱擁する」をテーマとした研修を展開しました。
 
    研修において、劉先生はおもしろい言葉と実例でみんなに革新の意味を紹介し、体験・インタラクティブなどの教授方式でみんなに強制関連・世界コーヒーなどの革新道具を体験させ、みんなに今後の仕事中革新道具を使用するように教えました。
 

    1日目の研修において、最もおもしろかったのは夜の批判と自己批判の部分でした。厳粛な部分のように聞こえるが、先生はそれをとても面白く設計しました。チームメンバー1人1人はまず自分の仕事中に存在している問題を改めて考え、それからコントこの生きている方法で出演しました。出演過程中、みんなの創造力が十分に掘り起こされ、観衆は面白いコントに引きつけられた同時に、コントから反映した問題も改めて考えました。

その後、すべてのチームの出した問題から3つを選択し、世界コーヒーの方法で改めて考え、問題を総括して改善意見を出しました。討論により、実際仕事中の難題を解決しただけでなく、みんなも自分を改めて考え、自分の革新仕事中の問題を発見し、その情況に応じて適宜に処理します。
 

 

 

2日目の課外活動において、魚をとる達人・宿駅伝書・アイデア箱などのプロジェクトを展開しました。その中、印象の最も深く最も感動して奮起したプロジェクトは「団結して事業を始める」でした。このプロジェクトはメンバー全体に道具を使用しなく1.5mの縄の一側から片側に越え、縄を触れないように要求しました。いくつかの頑丈で力強い男性のメンバーは自発的に自分の体を石段とし、ほかのメンバーに通させ、強大なチーム凝集力と献上精神を十分に展示しました。メンバー達の団結献上精神により、多くの人は感動の涙を催しました。
    2日目の課外活動は革新このテーマをしっかりとめぐり、みんなにゲームで革新の内包と意味を悟らせました。更に重要なのは1つ1つのプロジェクトが終わった後、トレーナーが講評し、みんなが改めて考えて交流したことです。活動完了後、みんなは今回の活動によって深く革新の重要性を体得し、革新により仕事が更に効果があるのを示しました。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
(図|愛康江陰拠点における「持続的に革新し、変化を抱擁する」企業文化実践活動が滞りなく幕を閉じました)