愛康グループは石城と12億『太陽光発電所協力建設貧困扶助投資プロジェクト協定書』を締結しました
4月11日、愛康グループが石城県人民政府と「太陽光発電所協力建設貧困扶助投資プロジェクト協定書」を締結し、双方は新エネルギー精確貧困扶助投資プロジェクトについて協力します。石城県精確貧困扶助事業を促進するために、各郷鎮の貧困村と経済の薄弱な村の太陽光発電利用可能な土地資源を利用し、農光互補・林光互補・漁光互補の太陽光発電所を建設し、予定総設備容量が約150メガワットです。今回の投資は予想12億元で、プロジェクト元金は20%即ち2.4億元です。
 
在互联网+以及电力体制改革的时代背景下,在多年光伏电站开发、运维积累的经验和资源的基础上,公司开始搭建以卓越的能源生产商为体,以新能源服务和新能源金融为翼的“一体两翼”的业务格局,本次光伏精准扶贫业务开拓进一步巩固了公司能源生产商的市场地位,光伏扶贫的运营模式有利于推进地方政府精准扶贫的施政目标,有利于新能源发展和传统能源替代的施政目标,也为公司扩大光伏电站的运维规模及促进公司光伏产品的销售带来积极影响。インターネット+および電力体制改革の時代背景の下で、太陽光発電所の開発・維持管理から蓄積した経験と資源に基づき、会社は卓越したエネルギー生産会社を体とし、新エネルギーサービスと新エネルギーの金融を翼とする「一体両翼」の事業構造をつくり始め、今回の太陽光発電精確貧困扶助業務の開拓によって更にエネルギー生産会社としての市場地位を強化します。太陽光発電貧困扶助という運営モードは地方政府精確貧困扶助の施政目標を推進するのに利益があり、新エネルギーの発展と伝統エネルギーの切替えの施政目標に利益があり、会社が太陽光発電所の維持管理規模を拡大して太陽光発電製品の販売を促進するのにも積極的に影響します。