江蘇愛康科技股份有限公司は新エネルギー電力の投資・運営に専念してワンストップ太陽光発電部品を提供する先端技術企業で、江蘇省が重点的に発展して育成する世界で有名なブランドで、中国の新エネルギー業界の大手企業の1つです。会社は2006年3月に設立され、2011年8月に深セン証券取引所中小板へ上場しました(株券略称:愛康科技、銘柄コード:002610)。

愛康科技が累計して維持管理した送電開始クリーンエネルギー発電所が約1GWで、国内同業界民営企業の前列にあります。太陽光発電部品の製造はその伝統的業務としてソーラーセルのアルミニウムフレーム・太陽光発電取付けブラケット・PVリボンなどの製品を含み、いつも業界のリードする発展態勢を維持します。同時に、そのエネルギーインターネット業務は、新エネルギー発電所のメンテナンス・検査・等級評定・売電、炭素資産の開発、新エネルギー自動車・充電ポストの運営などの業務に配置し、全面的にエネルギーの生産から消費までの産業チェーンを貫通させます。

これ以外に、産業モデルチェンジするアップグレードの情勢下で、会社は金属加工製品分野で新型を開発し、ソニー・豊田通商・住友商社・フィリップ・ボッシュ・三洋・海信などの高品質の顧客を発展し、制造業資産の品質アップグレードを助けます。生産部門・学校・科学研究機関の提携、無錫市院士ワークステーション、江蘇省エンジニアリングセンターなどの研究開発プラットフォームに頼り、「顧客を第一にし、持続的に革新し、変化を抱き抱え、貢献者を基本にする」という発展理念を堅持し、技術の実用性研究と展望性開発を展開します。

未来、会社は更に新エネルギーを発展し、国際をリードする新エネルギー全体ソリューションサービス提供会社になり、高品質のクリーンエネルギーワンストップサービスを提供するのに努力します。