• 売電業務
  • 炭素取引
  • ビッグデータ
  • 愛康は未来のすべての生活化シーンに着目し、精密で正確な消費洞察力と投入の大い科学研究開発により、公衆がいつでもローコストの安定した電気エネルギーを買えるだけではなく、更にそれぞれの電気使用個体が「知能化源」化の端末になれるのを希望し、消費者の買電・電気使用・売電が淘宝の使用のように自由で便利であるのに努力し、エネルギーの使用・消費のインテリジェント化・分散化・自由化と多元化を実現します。

    電力体制改革意見の公布と具体的な措置の明確に従い、新しい電力体制改革が全面的な実施段階に入り、送配電気価格の改革・電力市場の建設・取引機関の設立・発電電気使用計画の普及、売電側の改革、自分所有発電所の管理監督などの6つの方面を含み、未来5年の発展計画においてもエネルギーが消費側に入って始めるのも説明します。

    伝統的な電力販売モードは発電企業が電力を電力網会社に販売し、電力網会社が統一して下流顧客に販売することです。電力体制改革の提出は電力網会社の売電業務に対する独占を打ち破り、売電市場を広げ、売電業務が市場化に向かうことができます。

    愛康は国内で規模のわりに大きい太陽光発電企業として、電力体制改革に適応し、更に売電業務に対する専門化管理を強化するために、売電市場を配置し、会社は資金を自己調達することにより、華東・華北・華南・南西・西北の5つの地域の販売センターを設置し、だんだん全国範囲内で20社以上の省レベルの売電会社を創立して売電業務を展開させるのを計画します。

    業務範囲が電力販売、電力プロジェクトの開発投資、電力工事設計・工事・デバッグ、電力生産、発電所運行メンテナンス、太陽エネルギー製品の販売、技術サービスと育成訓練に計画され、だんだん売電市場を配置します。

    炭素取引

    会社全額出資の北京炭諾科技術有限公司は中国炭素市場の業界サービスプラットフォームになり、「オンライン+オフライン」の業界統合サービスモード(オンラインには炭素市場網に基づいて情報フロー・業界研修・活動会議などを提供する総合プラットフォーム化サービス、オフラインには炭素資産の開発と取引・炭素資産の管理・企業炭素調査などを核心とするコンサルティング・計量業務)につくるよう力を尽くします。最後に完全な炭素資産管理運営総合サービス体系を形成します。

    基幹業務に基づき、政策発展に従い、だんだんエネルギー節約量の取引・グリーン電力認証に関連する環境資産開発管理業務を展開します。科学研究部門・政府部門と協力して「低炭素都市/企業」の概念下の相談サービスを開拓し、業界一流、技術的実力が強く、金融の支える環境資産総合サービス提供会社という会社核心価値をつくります。

    主要な業務は、炭素資産の開発・炭素取引・炭素金融、エネルギー節約量の開発・グリーン電力の開発・研修サービスなどを含みます。

    ビッグデータ

    インターネットにおいて、愛康は情報データの電子化を推進し、モバイルネットワーク・クラウドコンピューティング・モノのインターネット・ビッグデータなどの新技術の推進の下で、情報の非対称性という構造を打ち破り、エネルギーインターネットのサービス効率を高めます。愛康は百度・東軟集団と協力して共に新エネルギービッグデータプラットフォームをつくり、企業にワンストップサービスを提供し、データ収集・メモリー・計算と分析の4つのセンターを集め、インテリジェント化維持管理・発電所等級評定・需要側エネルギー総合管理などのクラウドサービスを展開します。

    同時に、エネルギー領域発電源の分散化、エネルギー消費者の消費者・生産者への変化に適応するために、愛康は湖南大学と協力して湖大愛康エネルギー相互接続ブロックチェーン研究センターを設立し、全面的に新しいエネルギー価値チェーンを作り上げ、エネルギーブロックチェーンの建設を推進し、更に永続的供給・グリーン低炭素・経済高効率・開放共有のエネルギーシステムを構築し、エネルギーブロックチェーン技術に適合する新しい体制を形成し、エネルギーブロックチェーンの新しい商業モードを開発し、エネルギーブロックチェーン模範拠点をつくります。